リスクを減らして確実な利益を残す

アパート経営はリスクを踏まえて計画を

アパート経営とは、アパートを購入して部屋を入居者に賃貸し、毎月貸料で収入を得ることですが、近頃はサラリーマンなどでも融資を受けることができるようになりアパート経営が人気を集めるようになりました。

これからアパート経営を考えている人は、アパート経営のメリット、デミリットをしっかり知り失敗しないアパート経営をしましょう。

アパート経営のメリットは、定期的な家賃の収入で不労所得になり老後の収入源の確保になる、不動産は税金が毎年あるので所得税や住民税の減税がある、集合住宅を建てると節税効果が高くなる、相続税は建物も評価税されるので、7割地近くまで減少することができる、たとえ赤字になっても給料所得と通算されるので、税金面ではメリットになります。

アパート経営は大きな投資なぶんだけ、リスクもやデミリットもあります。アパート経営のデミリットは、入居がいても家賃を滞納する人がいると赤字になる、新築のアパートが入居者が集まりやすく、新築の時はよいが、古くなってくると入居者離れがおこりやすく、空室がでやすくなる、金利変動のリスクがある、山や海が近いと自然災害は避けることができず、大きな被害が起きることもある、土地に劣化はないが、建物は劣化が必ず訪れるので、建て替えの管理負担がかかるなどがあります。

失敗をしないためにはリスクを踏まえたうえでアパート経営の計画をたてていくようにしましょう。

入居者を満足にさせる住まい

個人でアパート経営をするなら、定期的にリフォームする予算を投じることが大切です。アパートでインターネット環境が配備されているところが若者たちの入居条件となっているため、住み心地をとにかく追及させる方針が重要です。また入居者どうしの付き合いをよくさせる工夫も必要であり、適度な距離感に大家がする取り組みが大事です。アパート経営の主にとって、入居率を常に一定に保つことは、儲けにつながる重大な要素となります。
アパート経営の根幹は、将来の自分への投資があって、サラリーマンを退職してからの人生に大きく関係します。すでに実行して3年以内に儲かったというエピソードを聞けば、一から始める自信が自然と湧いてきます。さらに入居してくれる確率を高めるには、立地条件の他にアピールできるポイントを増やすことにあります。効率よく資産を形成させる努力を行っていけば、無限の可能性を広げていく内容へ結びつき、不動産投資全般においてよい印象を与えることが可能です。アパート経営の基礎を勉強すれば、リスクを減らした確実な利益を残すことができます。流行りのアパート経営は都市部に集中していますが、今後の狙い目は通勤に1時間程度の郊外です。