最も重要な運用方法のコツ

購入後の物件管理も大事

アパート経営をする人の中には、どのような物件をどのような方法で購入するのかを考える人が多いでしょう。物件の収益率と借入額の大きさは、アパート経営の結果に大きな影響を及ぼします。そのため、できるだけ収益率の高い物件を少ない借入額で購入したいと考えるのです。そのような購入の仕方をすれば、利益も多くなるので、アパート経営を成功させられる可能性も高くなります。

しかし、アパート経営のために物件を購入した後、どのように物件を管理していくのかも重要です。アパート経営をする場合、オーナーは住人とのトラブル対応や家賃回収を行わなければなりません。また、物件を維持するために清掃をしたり、メンテナンスを行ったりする必要もあります。このような業務を自分で行うとなると負担が大きくなってしまいます。そのため、一つ一つの作業がしっかり行えず、アパート経営に悪影響が出てしまうことも考えられるのです。そのようなことから、アパート経営をするときの物件管理は管理会社へ委託したほうがよいでしょう。業者へ管理料を支払わなければなりませんが、その分しっかり物件の状態を維持することができ、所有者自身の物件管理の手間も大幅に少なくできます。それにより、安定したアパート経営をすることが可能となるのです。

サブリースによるアパート経営

物件の所有者が賃貸を出して家賃収入を得るのがアパート経営です。アパート経営をする場合の物件の契約形態ですが、原則所有者が賃貸人で入居者が賃借人ということになります。しかし、サブリースの方法を活用してアパート経営を行うことも可能です。サブリースとは、物件の所有者が入居者と直接賃貸借契約をするのではなく、その間に不動産業者が入ります。具体的には不動産業者が物件所有者のアパートを一括で借り上げをした後、入居者と賃貸借契約をしていくことになります。

サブリースによるアパート経営はメリットとデメリットがあります。メリットにはどのようなことがあげられるのかというと空き室リスクがなくなることです。サブリースはあらかじめ不動産業者が全室借り上げるわけですから、賃借人がいない状態になる部屋はありません。そのため、確実に家賃収入を得られるので、安定したアパート経営が可能となります。一方、デメリットとして通常より一室の家賃収入が少なくなってしまうことがあげられます。基本的に直接入居者と賃貸借契約するときの家賃よりも1割ほど安くなってしまいます。例えば、通常であれば一室月10万円の家賃を得られる場合、サブリースを利用すると月9万円になってしまいます。そのため、部屋数が多いとそれだけ収益に差が出てしまいます。