納税額を抑える税金対策

税金対策につながるアパート経営

日本の3大義務の一つに数えられる納税。人々は生活をしていく中でいろいろな納税義務が発生します。税金によって快適な生活環境が整えられるので、人々が納税するのは当たり前だと言えます。しかし、そうはいっても、いろいろな場面で支出がかさんでしまうと経済的負担がどうしても多くなってしまいます。そのため、税金対策をして少しでも納税額を抑えたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

税金対策をしたいと考えているのであれば、アパート経営を始めてみるとよいでしょう。アパート経営とは自分の所有するアパートを複数の人に賃貸し、家賃収入を得る事業を行うことを言います。アパート経営をすることによって、更地状態の土地を所有しているときよりも、固定資産税を3分の1から6分の1程度に抑えることができるのです。

また、相続が発生したときの相続税対策にもつながります。相続税の評価をするにおいて、賃貸に出している不動産の価額は通常よりも安くなります。そのため、アパート経営を始めたことにより、結果的に相続税を納税しなくてもよくなるケースも少なくありません。さらに、相続税を納税しなければならない場合であっても、アパート経営によって得た家賃を支払いに当てればよいので、納税に困ることもないです。

空き室リスクはそれほど大きくない

アパートの住人から毎月家賃を得られ、安定した収入を獲得できるアパート経営ですが、空き室リスクが発生してしまう可能性もあります。空き室リスクとは、アパートの賃借人が解約し、住人がいない状態の部屋が出てしまうリスクを言います。これにより、家賃収入がなくなってしまうので、アパート経営に影響を与えることになります。そのため、アパート経営を考えている人の中には、いかに空き室リスクを抑えるのかを考えている人が少なくありません。

しかし、アパート経営をする場合は、あまり空き室リスクについて心配する必要はないでしょう。ワンルームマンションを投資対象にする場合、空き室が出てしまうと最悪家賃収入はゼロになってしまいます。そのため、ローンを組んで物件を購入している場合、一刻も早く空き室状態を解消しなければ赤字経営の状態が続いてしまいます。しかし、アパートは複数の部屋があるので、すべての部屋が空き室の状態にならない限り、家賃収入がゼロになることはありません。100%そのような状態にならないとは言い切れませんが、そのような状況になる可能性はほぼ皆無と言ってよいでしょう。アパート経営をする場合、空き室が生じても一定の家賃収入を得られるのが通常です。したがって、空き室リスクはそれほど大きくありません。